中古車 査定 資格

査定士の資格を取るためには?

中古車査定の資格取りたいならどうしたら良いか?

 

資格をとる、つまりは査定士になるという事になります。

 

中古車の査定というのは、中古自動車査定制度にもとづいて行われます。
この制度をしっかり理解し、そしてその知識を実地で活かせる能力が査定士には重要となってくるのです。

 

 

多くの方が目指してるのは、小型査定士となるでしょう。
これは一般的な乗用車や商用車、4t未満の積載車の査定を行う権利を有した査定士です。

 

10tトラックといった大型貨物車や大型バスの査定をしたいのならば、大型車査定士になる必要があります。

 

またそれぞれに受験資格もあり、これは事前にチェックしておく必要があります。
中でも講習を3日間、事前に受けておくことは必須です。
また自動車販売や整備の仕事の経験も必要となるなど、やや変わった受験資格があります。

 

基本的にはペーパーテストでの受験となります。
その点はあまり他の資格の学習・受験と変わらないかもしれません。

 

 

現在、ネットの普及などで、個人同士の自動車の売買も盛んに行われています。
そういった際には、公的な査定書がとても重要となります。
現在は中古車査定がしっかり出来る、査定士へのニーズが非常に高まっている時代とも言えるのです。

 

 

 

>>一括査定を上手に活用!一番高く売れる自動車査定のテクニックはこちら