セレナ 査定 相場

セレナの査定額は?

セレナの査定相場

 

 

0万円〜186万円

 

 

最高額車の特徴(みんカラ下取り相場より)

 

査定時期:2011年8月
グレード:ハイウェイスター Vセレクション ナビ(CVT_2.0)
年式:2009年
走行距離:35,001〜40,000 km

 

*直近1年くらいで調べました

 

 

こういった相場はネットで調べる事が可能です。

 

 

ですが、ネットの価格は実際の買取価格と離れている場合が多いので、参考程度にしておいてください。
本当の買取価格を知りたい場合は、業者に査定をしてもらう必要があります。

 

 

中古車は今までの乗り方やメンテナンスの仕方によって、程度の善し悪しがかなり変わります。
相場よりだいぶ安かった、もっと高かったという事はとても多いんです。

 

セレナは走行距離が多くてもなかなか高値で売れていますね。
やっぱりこのサイズでこれだけ実用的な車は人気があります。

 

 

それでも、買取業者によって価格はかなりバラツキますので、高く売却したい方はしっかり複数の業者に査定してもらってください

 

 

 

>>自動車を高く売るテクニックを知りたい方はこちら(トップページ)

セレナについて

日産の代表的ミニバンであるセレナは、2010年のフルモデルチェンジにより現行は4代目となっています。
初代の販売は1991年。

 

しかしこのセレナのルーツをしっかりたどっていくと、ダットサン・サニーキャブ/日産・チェリーキャブという車種にたどり着きます。
この車種の初登場は1969年。

 

ですからセレナというのは厳密に言うと40年以上続くベストセラー車種なのです。

 

なぜセレナがここまで多くのドライバーを魅了してきたのか。
それは諸説あるでしょう。
しかしミニバンあるいはライトバンという機能性や居住スペースの広さが売りである自動車としての本分をずっと忘れない車種であったという事は確かではないでしょうか。

 

派手さはあまりない車種ですが、それだけに堅実な作りがされており、万人にとって愛される要素が強い車種です。
癖がない分、ミニバン・ライトバンを求めている方にとっては広く受け入れられる車種がセレナです。

 

セレナはぱっと見はかなり大きく見えますが、5ナンバーサイズです。
税金や駐車場といった問題でも3ナンバーに比べて優れた点が多いです。
長く乗る上でこうした点もドライバーにとっては嬉しい所です。

 

歴史が長い車種なだけに初期のものですとかなり寝落ちしています。
年式が古く、そして走行距離も行き過ぎているとなると、0円査定や処理費用を取る業者も居るかも知れません。
しかし中には価値を見出してくれる業者もいる可能性があります。

 

オンラインの一括査定の申し込みでできるだけ複数の業者に見積りをしてもらいましょう。

 

 

 

>>トップページへ戻る