ステップワゴン 査定 相場

ステップワゴンの査定額は?

ステップワゴンの査定相場

 

 

0万円〜220万円

 

 

最高額車の特徴(みんカラ下取り相場より)

 

査定時期:2011年10月
グレード:スパーダ Z(CVT_2.0)
年式:2009年
走行距離:5,001〜10,000 km

 

*直近1年くらいで調べました

 

 

こういった相場はネットで調べる事が可能です。

 

 

ですが、ネットの価格は実際の買取価格と離れている場合が多いので、参考程度にしておいてください。
本当の買取価格を知りたい場合は、業者に査定をしてもらう必要があります。

 

 

中古車は今までの乗り方やメンテナンスの仕方によって、程度の善し悪しがかなり変わります。
相場よりだいぶ安かった、もっと高かったという事はとても多いんです。

 

ステップワゴンは走行距離5万キロくらいまで価格が安定しているように感じます。
売るなら5万キロくらいまで、買うならそれより古い車は狙い目かもしれません。
ホンダの人気車種なので売買はしやすい環境です。

 

 

それでも、買取業者によって価格はかなりバラツキますので、高く売却したい方はしっかり複数の業者に査定してもらってください

 

 

 

>>自動車を高く売るテクニックを知りたい方はこちら(トップページ)

ステップワゴンについて

ステップワゴンはつい数ヶ月前にマイナーチェンジが行われたばかりです。

 

新型CVTの採用。
アイドリングストップシステムが搭載。
燃費の良さが向上(空力性能が向上したため)

 

といった変化が見られます。

 

ステップワゴンはCMなども頻繁に流れているホンダの人気車種です。
それゆえに、ステップワゴンはファミリーカー、性能が低く価格が手頃な車種、といった偏見を持っているベテランのドライバーさんもいらっしゃるようです。

 

確かにステップワゴンはファミリー使用のグレードもあります。
しかし本格的な走行性能といったかなり自動車にこだわりのある方をも満足させるグレードもしっかりあります。

 

ドライバーが自分のニーズに合ったグレードを選べる・・・そんな懐の広さがステップワゴンの魅力の1つでしょう。
福祉車両といった専門用途で使用される事も少なくありません。

 

 

ステップワゴンは人気車種ゆえに、基本的に査定額が高くなる傾向にあります。
ちなみにステップワゴンの初登場は1996年。
大抵15年以上も古い年式のものですと、0円査定・・・もしくは処理費用を取られてしまう位に価値が落ちてしまうことも珍しくありません。

 

しかしステップワゴンは初代のものでも、まだまだお金になります。
この事からも、いかに人気の高い車種であるかが伝わりますよね。

 

 

 

>>トップページへ戻る